業者を使わずに自分でクレジット現金化する方法は?

クレジットカード現金化というのは業者をつかって行うといのが人気の高い方法です。
実際に業者を使って取引をしたほうが手間がかからないですので、楽です。
しかし、業者を使うのは不安であったり、手数料をとられたくないといった理由からクレジットカードの現金化を自分でしたい方もいるのではないでしょうか。

そこで、クレジットカード現金化を自分で行う方法について確認してみましょう。
自分で現金化するときの手順や現金化するうえでおすすめの商品、さらには自分で現金化するメリットやデメリットについて参考にしてみてください。

自分で現金化する時の手順は?

業者を使わないで自分でクレジット現金化する手順についてご紹介します。
業者を使わないで自分でクレジット現金化する場合には、商品買取方式で取引を行います。

商品買取方式というのは、カードで購入した商品を他の店舗で売却し、換金する方法です。
つまり、商品を転売するのです。

カード決済で高換金率の商品を購入し、高く売却できる店舗を探します。
売却して商品を換金し、買取価格分の現金が手元に残ります。
商品を買って売るだけですので、難しい手順はないのです。

また、必要になる書類も商品を買い取ってもらう場合に提出する身分証明書です。
そのため、最も気軽にクレジット現金化できる方法だといえます。

仕組みもとてもシンプルですので、初めての方でもはじめやすいでしょう。
シンプルなので初めての方にも取っ付き易いかもしれませんね。

高換金率で売却できる商品って?

自分でクレジット現金化をする場合には、高換金率で売却できる商品をしっかりと選んで取引すべきです。
商品の換金率によって手元に残る金額が決まってきますので、当然のことです。

換金率70%の商品の場合には、10万円×0.7(70%)=70,000円です。
換金率90%の商品の場合には、10万円×0.9(90%)=90,000円となります。

では、高換金率で売却できる商品というのはどのようなものがあるのでしょうか。
一般的に高換金率だと言われているものは次のようなものになります。

・高級ブランドの衣服
・カメラ・電化製品
・新幹線の回数券
・amazonギフト券

高級ブランドの衣服ですが、質屋やヤフオク、メルカリにおいて非常に幅広く販売されている商品が、高級ブランドの衣服になります。
その中でもヨーロッパ系の高級ブランドというのは人気がとても高く、それに比例して換金率も上昇し続けるのです。

換金率もインターネットで簡単に調べることができますので、事前に換金率を調査してから購入する商品を選択すると効率よくカード現金化できます。

また、ブランドの衣服の中でも高く売却できるメーカーは次のようになります。

シャネル、ルイ・ヴィトン、エルメスになります。
誰でも名前を聞いたことがあるほどに有名なメーカーです。

換金率も75%から85%ほどで取引されています。
そのため、高級ブランド品で現金化するならこちらのメーカーの商品がきっとおすすめです。

カメラ。電化製品ですが、質屋で高値で買取がされています。
その理由としては、元々の金額がたかいですので、中古で安く購入したいと思う人が多いのです。
そして品薄状態となっているため高換金率がつけられているわけです。

新幹線の回数券は、最も換金率の高い商品です。
金券としての取り扱いになっていますが、出張や家族で旅行に行かれる方からとても需要が高く、換金率も90%以上です。
とにかく高い換金率で取引したいと思っているのであれば、新幹線の回数券をおすすめします。

ただし、こちらの商品には購入しづらいというデメリットもあります。
さらに、その他にも色々なリスクがありますので、安全な商品とは言えないのが現状です。

amazonギフト券はその名の通りamazon.co.jpが発光をしているギフト券になります。
amazon.co.jpにてクレジットカードの購入が可能となります。
メールで送られているギフトコードを買取業者に対して転送するだけです。
換金率も90%前後で取引がされているのも高く評価できる理由です。

自分で現金化をする場合は商品を購入し、店舗に売却することになります。
また、どの店舗でも良いのではありませんし、その商品を高く買い取ってくれる店舗を探さなければならないのです。

実際にこれらの商品を転売して現金化している人は多いのですが、手早く取引をしたとしても3時間くらいかかります。
商品の選択に手間取ってしまうと、1日がかりの作業になってしまいます。

手間と時間がかかりますので、初めての場合には即日現金化はなかなかできないと考えて良いのではないでしょうか。
高い換金率で取引をしたい気持ちもわかります。
しかし、今すぐにお金を用意したいと思われるのであれば、業者を利用するというのが良いのではないでしょうか。

コメント