クレジットカード現金化は法律的にどう見られてる?

クレジットカードの現金化というのは法律的にみると違法ではありません。
しかし黒に近いグレーゾーンに位置づけられているのです。
ではなぜ黒に近いグレーゾーンに位置されているのでしょうか。

例えば、世の中は現金化という行為そのものを犯罪だと定めてしまうと、数えきれないほどの人が逮捕されてしまいます。
ある人は今月お金がないため、クレジットカードで新幹線回数券を購入して現金化しました。
そしてまたある人は、出張に出るためその分の新幹線の回数券を購入したものの、出張がなくなったために回数券を金券ショップへ売りました。

このような場合、現金化を裁く法律があると現金化行為という大きなくくりがあまりにも曖昧すぎるために判断がとても難しくなってしまいます。
理由は違えど、同じ現金化をおコン買ったのですから。

どのような目的で現金化しているのか、それは新幹線の回数券を売った駅員さんも換金した金券ショップ店員でもわからないのです。

そのため現金化という行為の判断基準というのは、購入したものを売却したことだとなってしまいます。
そうなるとリサイクルショップは全てが犯罪行為になります。
現金で購入した物もあるでしょうが、そのようなものは購入した後に判断できるようなものではありません。

購入した本人でさえも、カードで購入したのか現金で購入したのかわからなくなってしまうくらいのことを第三者が判断できるのかといえばそんなことはまずありません。

そのため、現金化は違法かどうかの前に現金化をさばく法律そのものがないわけです。

グレーゾーンだと言われるのはなぜ?

現金化を裁く法律は存在していません。
ではなぜグレーゾーンと言われているのか?

クレジットカードの現金化というのはカード会社の規約においては禁じられています。
そのため、クレジットカードを持っている人というのは、クレジットカード会社と現金化目的でカードを使って商品を購入しないという約束をかわしているのです。

そのため、現金化は法律違反にはなりません。
規約違反になってしまうんです。

そうなると、クレジットカードの利用停止になってしまう可能性があるのです。
最悪の場合、現金化業者と共に共謀をして規約違反を企んだのではないかとして詐欺罪に問われることもあるんです。

現金化業者選びは慎重に行うようにしてください。
現金化は自分でするとクレジットカード利用停止という危険性があります。
半端な現金化業者に依頼をしてしまうと、罪に問われることもあります。
法律では違反ではないかもしれませんが、カード会社における規約には違反しているのです。
現金化という行為は第三者が判断するのは難しいですので、現金化業者を利用すると、発覚することはありません。
しかし、規約に違反していますしそのような悪いことはできないと思う人も多いでしょう。
しかし急な出費が重なり生きていきますので、家族を支えるためには当然仕方のない時もあるのです。

そんな時に少し力を貸してもらうことは行けないのか…疑問に思われるでしょう。
どうにかしようと無理をして体を壊してしまう方が何倍ものお金がかかってしあみますし、家族、友人にも心配をかけてしまいます。
しっかり返済をすれば誰の迷惑にもかかりません。
文句を言われる理由すらもないのです。

換金率が下がる理由はなに?

換金率が下がる理由についてご紹介します。
誰もが日常生活の中で買い物をします。

そんな商品も、昔に比べて随分と高くなってきているということは自覚しているのではないでしょうか。

換金率が下がる理由の1つは消費税が関係しています。
なぜ現金化に対して消費税が発生するのか、ということですがこれはクレジットカード現金化の仕組みそのものが関係しています。

クレジットカード現金化というのはよく見れば商品がどこかに関係している仕組みになってします。
キャッシュバック方式、現金化業者で申し込みの手続き、クレジットカードで業者の指定、現金が指定した口座に振込まれ後日購入した商品が家に届くということです。

商品買取方式は、現金化業者で申し込みの手続きをして、クレジットカードで業者の指定する商品を購入します。
後日購入した商品が家に届き、家に届いた商品を現金化業者へと郵送します。
現金化業者に郵送した商品が届き現金が指定の口座に振り込まれるのです。

アマゾンギフト券買取方式は、現金化業者で申し込みの手続き、クレジットカードでEメールタイプアマゾンギフト券を購入し、購入したEメールタイプのアマゾンギフト券の番号を業者に伝えます。
現金化業者がアマゾンギフト券を買い取って現金が指定された口座に入金されます。

このように現金化は絶対に商品を通して行うものです。
商品を購入するということは当然、消費税が加算されるのは仕方のないことです。

いまの消費税は8%です。
そのため、8%分の換金率が引かれるわけです。

コメント