クレジットカードの現金化は犯罪なの?

現金化を使ったとしても犯罪になることはありません。
クリーンな資金策と見られないことからも、クレジットカード現金化を利用するとなると、犯罪になるのではないかと不安に思う方もいるでしょう。
犯罪になりませんので、安心してください。

どうしてもグレーゾーンな位置づけになっていますので、逮捕されてしまうのではないかと不安になってしまうかもしれませんが、これまでに利用者が逮捕された前例というのはありません。

しかしクレジットカード現金化によって数多くのトラブルも起きています。
警察沙汰までに発展していることからも以前よりさらにイメージダウンとなっていることには違いありません。

トラブルに関しては現金化業者側だけが悪いわけではありません。
ユーザー側にも問題を起こしてしまう原因があるのです。

クレジットカード現金化においては、悪徳業者もいるのは確かです。
中にはこの資金策を悪用されるユーザーがいるというのも事実なのです。

しかし、取引の中で何かしらトラブルがあったとしても、現金化業者が一方的に立場が悪くなっているという可能性もあります。

現在、クレジットカード現金化においては、違法性は問われない資金作為です。
どんなことがあってもユーザーがフリな状況だということには違いありません。

利用者が誰かになりすまして、他人名義のクレジットカードを使用したりしていなければ、クレジットカード現金化を使用しても犯罪にはならないのです。

クレジットカード現金化を利用しても違法性に問われない理由ですが、その1つは通常のカードショッピングであるからです。
主な仕組みというのは、キャッシュバック付商品を購入することによって、現金を手にすることができるのです。
カード会社は、購入した商品についてまでは調べるようあんことはないと思います。

例えば、新幹線の回数券というのは、換金目的で購入される方が多いです。
そのため、カード会社は換金性の高い品物の購入は認められていません。

他の商品を、換金目的で購入されたことが発覚したことによって、犯罪にはならないのですが、使用しているクレジットカードは今後も使用できなくなります。

クレジットカード会社は、換金目的のショッピング枠を使用することを禁止しているのです。
そのため、利用規約を犯したペナルティとして、利用停止処分や強制退会を命じられるのです

どうしたらカード会社に現金化がバレルの?

カード会社に現金化がバレる行為についてご紹介します。
実際にクレジットカードが止めらた事例はいくつもあります。

例えば、支払い履歴のない新規で作成したカードでショッピング枠を限界ギリギリまで利用することでカード会社から確認の電話が入るのです。
確認だけなら良いのですが実際にショッピング枠を限度額まで現金化に利用した結果、現金化したのではないかと判断されるのです。

また、クレジットカード現金化を数回利用してから支払いが遅れがちになってしまっている場合にも注意すべきです。
過去の利用履歴から換金した可能性が強いものが頻繁に購入されていると、ほぼ間違いなく疑われてしまいます。

返済できる範囲内で利用すべき

クレジットカード現金化をするのなら、カード会社にばれないようにするのは当然です。
また、返済できる範囲内で利用してください。
通常のショッピングなのですから、カード会社に対しては返済しなければならない義務があるのです。

この義務を無視して返済を無視すると、損害遅延金を請求されます。
また、悪質と見なされた場合にはクレジットカードを利用した現金を入手するための詐称行為だと犯罪となるのです。

クレジットカード現金化というのは、審査が不要なので誰でも利用できます。
そのため、今を凌ぐことばかり考えてしまって、その後のことを考えずに現金目的だけにカードを利用している方が多いですので注意してください。

クレジットカード現金化というのは、業者の換金率を調べると自分が使用しているショッピング枠に対して現金がどのくらい残るのか想像できるでしょう。

手に入れられる金額を優先するのでなく、支払額をなによりも最優先して取引することで、返済も負担にはなりませんし、計画とおりに支払いを終えることができるのではないでしょうか。

カード会社に換金目的の使用がバレてしまう原因は、購入した商品によってだけでなく支払いの延滞などにあります。
元々、お金に困っている人が使う策ですので、追い打ちをかけるようなことがあってはなりません。

クレジットカード現金化を利用した場合には、返済に余裕がモテるのか確認してからにしましょう。
クレジットカード現金化を利用する立場から考えるのであれば、犯罪にならないか、違法性がないか気にする前に計画的に利用できるのかを十分に考えておきましょう。

支払いの義務を放置してしまい、訴訟を起こされてしまえば違法行為になってしまう可能性はもちろん否定できません。
そしてそれは犯罪にもなりかねないのです。

コメント